∠log (かくろぐ)

絵が上手くなりたい人の練習記録

【やさしい人物画】手足の長さを意識して人物を描く練習

f:id:SASAMI333:20170216221513j:plain

こんにちは。
ルーミス本「やさしい人物画」で勉強中のsasamiです。
本日の練習は手足を伸ばした時の長さの測り方、です。

 

f:id:SASAMI333:20170216221644j:plain

↑ルーミス本「やさしい人物画」模写。

腕:脇(肩?)を中心に円弧状に動く
足:太ももの付け根を中心に円弧状に動く

コンパスなんて何年ぶりに使っただろう…。

【左】横向きから見た人物。左腕の二の腕が長い。たぶん基準点を間違えてる。足はいい感じに描けたと思ってます!
【右】正面から見た人物。上半分にある大きな円は間違いです(;'∀')腕の基準点が頭頂部を基準に円を描いてしまってます。正しくは、脇!

 

ルーミス本での学習についてですが、今も「学習」という言葉を使った通り、本当にTHE・勉強といった感じです。
いっぱい描いて絵の練習をする、というよりも本に書いてある文章や解説を読み、理解しながら・考えながら描いてみる、というスタイルが良いと思います。

イメージとしては、問題集よりも参考書っぽい感じです。

私も「やさしい人物画」を読みながら絵の勉強をしている時は、参考書の様にグッと来た箇所には蛍光ペン引いたりしてます。受験を思い出す……。
どんなところに蛍光ペンを引いたのかと見返してみました。

最もよい経験とは、自分自身で努力し、
観察し、自己鍛錬し、本を読み、先輩に学ぶことである。

A.ルーミス(1976)『やさしい人物画』北村孝一訳,マール社

 こんな感じで背中押してくれる言葉がちょいちょいあります。
先生~!ってなりますね(?)

 

では最後に本日の勉強を踏まえた絵を…と思いましたがあんまり今日の勉強と関係ないような…。

f:id:SASAMI333:20170216225629j:plain

昨日の記事で描いた天使と悪魔です。適当に描いた二人なんですがちょっと気に入りました。

それでは!