読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∠log (かくろぐ)

絵が上手くなりたい人の練習記録

【やさしい人物画】人物を描くためのアプローチ①

A.ルーミス著「やさしい人物画」の模写

f:id:SASAMI333:20170221222852j:plain

こんにちは。
ルーミス本「やさしい人物画」で勉強中のsasamiです。
人体模型の骨格から描き始めよう!という内容です(*'▽')ノ

 

f:id:SASAMI333:20170221224201j:plain

f:id:SASAMI333:20170221224328j:plain

※二枚とも模写です。
体重がどこに乗っているのかを考えながら描くことがポイントのようです。
体重が乗っている部分に矢印描いてます。

 

人物の絵を描くとき、いきなりリアルに描くのではなく、このような人体模型を描いておくと、人物の組み立てが楽&動いている感じを捉えやすい、とのことです。なるほど~。

確かにいきなり本気で描くと後から変だな~ってなっても「ここまで描いちゃったし直すのめんどくさいし、いったれ~」ってなるもの('ω')
人体模型君ならサクッと描けるので描き直しも躊躇なく出来る!イェイ!

ここから肉付け出来るかは別問題だがな!

 

いままで直立の人物の絵がほとんどでしたが、ここにきてポーズが付きましたね。
いきなりリアルな人物画ではなく、人体模型から始まるのは確かに「”やさしい”人物画」ですね!
この本の飴と鞭っぷりが癖になりそうです(*'▽')

 

f:id:SASAMI333:20170221224854j:plain

模写だからなんとなく描けただけじゃね~の、と思ったので脳内イメージのみで人体模型君を色々描いてみました。
人体模型だと間違っていてもなんかそれっぽく見えるから描いてて楽しいです(笑)

明日の練習も人体模型君が続きます。

それでは!

 

おまけ

f:id:SASAMI333:20170221230029j:plain

↑ポーズマニアックスの手ビューワより。
手ビューワの練習まとめも別に必要かな。

広告を非表示にする